通信講座やその他の勉強方法で資格取得をする

試験を受けてなる

行政書士試験の変遷と現状

現在の行政書士制度は、1951年の行政書士法制定から始まりました。行政書士試験は、毎年11月第2日曜日に都道府県知事が委任する財団法人行政書士試験研究センターによって行われています。 行政書士試験は、かつて合格率が10%を超える試験でした。しかし近年は行政書士の業務内容が時代とともに変化していることを受けて、試験の内容を見直す傾向にあります。それによって行政書士試験の難易度が上昇し、合格率は1桁台で推移しているのが現状です。 こうした行政書士試験の難化傾向には、出題内容や範囲の変化も背景にあります。司法制度改革の一環として平成18年に行政書士試験の内容に変更が加えられました。法律科目が拡充され、より専門性の高い内容を問う試験に変わったのです。

行政書士への社会的期待と今後の展望予測

行政書士試験の難化傾向は、司法制度改革にともない行政書士に対する社会からの期待が高まっていることが原因です。日本社会全体が経済の多様化に直面し、変革の時期に差し掛かっています。そうした中で行政書士は、市民に寄り添った法律家として相談に乗ることが期待されているのです。 そもそも行政書士の業務内容が法律によって拡張された以上、新たな業務に対応できる能力のある者を選別するのは当然です。権限を強化したのにそれを扱う能力がないのでは、制度改革の趣旨を達成できません。この観点からは、むしろ現在よりも一層専門的な法律知識が求められても不思議はありません。 このように、行政書士試験の難化傾向は、社会的に期待される役割の裏返しなのです。したがって、行政書士に対する社会的期待に変化がない限り、この傾向は今後も続くと予測できます。

Copyright (c) 2015 通信講座やその他の勉強方法で資格取得をする all reserved.