通信講座やその他の勉強方法で資格取得をする

衛生面を守る

安全・衛生委員会が会社にありませんか?

衛生管理者は国家資格です。50名以上の従業員をかかえる事業所は資格を有する人を置かなければなりません。事業主は安全・衛生委員会を設置し、会社の雇用人数によって決まっている衛生管理者の資格保有者を専任しなければいけません。主に職員の健康管理や職場の安全な環境作りを議題に、事業主や安全管理者が任命する安全・衛生に関して経験のある社員を入れ年間通して月1回以上安全・衛生委員会の会議を開き議事録を作成します。 普段会社で受けている社員を対象とした健康診断も、委員会で話し合いを行いを行った結果を事業主に提案し、開催するケース一般的であり、職種によっては健康障害が起きやすい事を考慮した腰痛検診などを開催する会社もあります。

衛生管理者になるためには国家試験を受ける事が必要

試験は毎月行われており、衛生管理者は実務経験を積み勉強さえすれば取る事の出来る国家資格となっています。衛生管理者になるには受験資格が必要であり、受験資格の証明は安全衛生技術試験教会のホームページに記載されていますが、主に会社員が受験資格を有する為には大学を卒業した方なら1年間、高等学校を卒業した方なら3年間安全・衛生に携わったという事を事業主に証明をして貰い、事業者証明書の記入があって始めて受験資格を有する事が出来ます。受験の申請をする際には記入して貰った事業者証明書と、卒業証明書の写しを安全衛生技術試験教会に送付する資料に添付します。学習の仕方ですが、独学で学ぶ方法もありますが、通信講座を利用してトレンドにそった学習をする事が近道と思われます。

Copyright (c) 2015 通信講座やその他の勉強方法で資格取得をする all reserved.